急な引越しや離れた地域への引越しのときは無理な場合もあるかもしれませんが、できることなら引越しをする前に新居の下見はしておくのがベストです。

そして、下見をする場合のポイントがいくつかあります。

まず、階段や踊り場の広さ、玄関口の幅など、荷物が運び込めそうか確認することです。

運搬車両の駐車スペースがあるか、また、そこから部屋までの距離なども重要です。

室内も、何をどこに置くのかイメージしながら、コンセントの位置などをチェックしておくとよいです。

こういう部分に注意して新居の下見をしておくことで、引越しとその後の生活を始めるまでがスムーズに進むことになります。